• 口臭 対策

    自分の口臭が気になる人のための確認方法/わからない理由

    自分の口臭が気になる人のための確認方法/わからない理由

    自分の口臭が気になる人もいれば、ひどい口臭を自覚していない人も…。自分の臭いがわからない理由や自分の口臭を確認する方法などご紹介します。

この記事をシェアする

  • 観覧数:949 Views
  • 更新日:2016年04月18日

自分の口臭がわからない理由は?気になる臭いは確認できる?

口臭を気にする人は多いですが、自分の口のニオイをよくわかっていない人が多いです。口臭を過剰なほどに気にしている人の中には、気にするような口臭がないというケースも多いようです。
反対に、周囲に不快感を与えるほどの強い口臭を発していながら、本人は自分の口臭を自覚していないので、全く気にしていないというケースも珍しくないでしょう。

適切な口臭対策は、自分の口臭を知ることが大切です。自分の口のニオイに悩む前に、きちんとニオイを確かめることが大切でしょう。

自分の口臭がわからない理由とは?

口臭が強いにもかかわらず、全く気付いていない人も少なくありません。ニオイで具合が悪くなる場合もありますが、他の人のニオイで吐き気を催した経験があるという人も少なくないでしょう。
周囲には不快なニオイでありながら、本人は全く気付いていないということは、どうして起こるのでしょうか。

自分の口臭を自覚できない理由は、嗅覚が順応しやすいことが理由です。同じニオイを嗅いでいると、そのニオイに慣れて感知できなくなってしまうのです。このことは、においへの順応(嗅覚の順応)とも呼ばれています。
特定のニオイを感知できなくなったからと言って、鼻の機能が低下したというわけではありません。特定のニオイは感知できなくても、他のニオイを感知することはできます

これは、生物がさまざまなニオイの環境で生きていくために必要なことです。ニオイに順応し、新たなニオイ刺激を感知することが、あらゆるニオイ環境の中で生活していくために不可欠なのです。

自分の口臭に慣れてしまうことのリスク

自分の口のニオイに慣れてしまって、口臭を自覚できないことは、言うまでもなく人間関係上でも悪影響が懸念されます。それだけでなく、病気が原因で口臭が強くなっている場合、その病気のサインに気付かずに、進行させてしまう可能性があるでしょう。

自分の口臭を確認し、口のニオイを知ることは大切なことです。もちろん、ニオイの感じ方は個人差がありますから、過剰に気にしてしまうのは良くありませんが、口臭を知ることで病気や体のトラブルの発見につなげることも可能でしょう。

【口臭が強くなる病気の種類】口の臭いが不調のサイン!?

食べ物が原因の口臭は放置してOK

臭い食べ物:ニンニクと納豆

ニンニク料理などを食べた後に、自分でもわかるほどに口のニオイが強くなることもあるかと思います。しかし、食べ物が原因の口臭は、時間の経過とともに軽減されていくため、それほど気にする必要はありません。

もちろん、エチケットという意味では、口臭対策を講じる必要がありますが、食べ物が原因の口臭の場合は、放置してもいずれ消えるでしょう。

ニオイの感じ方には個人差があります

ニオイの感じ方は、その人によって違いがあります。また、時間帯や疲れ、年齢などによっても違いがあるとされています。
また、性別による違いもあり、男性よりも女性の方が嗅覚は優れているとされています。男性よりも女性の方がニオイに敏感なのは、そのためでしょう。

自分の口臭を確認する方法

自分の口のニオイを誰かに確認してもらうというのは、なかなかできない事かと思います。たとえ家族であっても、恥ずかしいと思ってしまいますよね。
口臭を確認する方法には、口臭外来や歯科医院で検査を受けるという方法もありますが、自分で確認することも可能です。自分の口臭が気になる場合には、まず自分で確認してみると良いでしょう。

外出先でもできる!何にも要らない口臭確認方法

息のにおいを確認する女性

自分の口臭を知る方法はさまざまありますが、ここで紹介する方法は必要なものがありませんので、外出先でもできます。食後の気になる口のニオイも、すぐに確認できておすすめです。

【やり方】

  • 両手に自分の息を吐き出します
  • 両手に集めた息のニオイを確認します

自分で口臭を確認する際の注意点

先に紹介した方法は、手軽にできる方法ではありますが、自分のニオイに慣れてしまっている場合には、正確にニオイを把握できるとは言えません。

自分で行う口臭チェックは、あくまでも目安として捉え、気になる場合には歯科医院や口臭外来で相談すると良いでしょう

自分の息が臭いかも…と思ったら

口臭が気になる男性

自分の口が臭いかもしれない…と思ったら、改善に向けて何らかの対策が必要になるでしょう。しかし、口臭の原因はさまざまですから、原因に応じて対策する必要があるため、原因を明確にすることが先決です。

口臭の原因は、舌の汚れや歯周病、虫歯、糖尿病、ドライマウスなど多岐に渡ります。自分で口臭の有無を確認できても、口臭の原因まで明確にすることは困難です。
かかりつけの歯科医院で相談したり、検診の際に相談したりすることで、口の中に原因がある場合には改善方法も明確になっていくでしょう。近年は、口臭外来も増えていますので、口臭治療を専門とする医師に相談することも可能でしょう。

自分の口臭はただの思い込み!?

口臭が強くないのに、「自分は口がクサい」と思い込んでしまっているケースも少なくないようです。気にする必要のない自分のニオイを過剰に気にしてしまう病気を、自臭症(自己臭症)と言います。
「口がクサいと言われたことがきっかけで、口臭を気にするようになった」というように、家族や友達からの指摘がきっかけで発症しているケースが多いようです。

自分は本当に口臭が強いのか、明確にすることは大切なことです。病院で検査を受け、本当に口がクサいのかを調べると良いでしょう。

  • 他の人の仕草が気になる
  • 自分が周囲から臭いと思われている
  • 自分の口臭のことがいつも気になって仕方ない

上記の中に思い当たるものはありませんか?これらは自臭症の特徴です。自臭症の場合、精神科の受診が必要になる場合もあります。
気になっている口臭がただの思い込みだという場合もあるのです。悩んでしまうほど、口臭が気になる場合には、専門家に相談することが望ましいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事に関連する記事